箕輪城

高崎市箕郷町にある「箕輪城址」です。戦国時代の遺構が、現在も残されています。

私が以前訪れた時の記録です。現在では発掘調査も終わっているようです。

ここより入ります。

M0

二の丸に入ります。ここにはコース案内板がありますので、この順路で城内を歩きます。看板の現在地は二の丸です。

M1

まずは、二の丸から三の丸へ入ります。

M2

堀を渡り三の丸へ。

M3

三の丸です。このときは発掘調査中でした。現在は発掘は終わっているようです。

コース板どおりに歩くと、御前曲輪に出ます。

M4

ここには屋敷があったのではないかと思われます。井戸の跡もありました。

M5

本丸方面へ土塁。

本丸に入ります。

M6_2

かなり広い場所です。先ほどの御前曲輪は前方の林の向こうです。

本丸と二の丸の間の堀です。

M7

二の丸へ向かいます。

M8

二の丸です。

M9

二の丸の外側には大規模な空掘りが現存します。「大堀切」です。

M10

この土塁の橋一本で外側と結ばれます。

深い堀です。この城の規模が相当大きいものだとわかるでしょう。

M11

二の丸から馬出に行きます。

M12

ここにも堀があります。

箕輪城の空堀は見応えがあります。

馬出の外側にある木俣です。

M13

通路が5つの方向に分かれる場所を木俣というそうです。

箕輪城、大規模な城です。戦場になった城だけに、堅牢な守りを感じます。

空掘りの遺構はよく残されており、一見に値します。

M14

西上州を代表する城です。

|

安中市内の城跡マップ

安中市内に存在していた城の位置です。

私が地図を作成しました。このブログをごらんいただく際に、ご活用ください。

現在の地図と、川の位置を照らし合わせてごらんいただくと、わかりやすいかと思います。

Photo_6

|

箕輪城・その1

Photo_3

西上州を代表する、箕輪城址です。群馬県高崎市箕郷町にあります。空掘や土塁、本丸・二の丸の跡など遺構が現存しています。

戦国時代の有名な城で、武田信玄に攻められ落城。まさに戦場となった城跡です。

私はここを何度も訪れ、たくさんの写真を撮影しましたので、今後アップしていきます。

次回に続きます。

|

茶臼山城

群馬県安中市。西上秋間の最も奥地、茶臼山にある城跡。

5

この崖の上の頂上に本丸。

茶臼山全体。
Photo

茶臼山堀切

5_2



かつて調査はされたようで、図面は存在する。

建久4年(1193年)後鳥羽天皇の御世、源頼朝命により、飽馬太郎正勝がこの地に砦を築く。
後世、飽馬三郎勝成が、新田義宗に従い笛吹峠の戦いにて討ち死にす。
飽馬紀伊守勝俊のころ、内出城に移る。

中関地区
Photo_2

安中市、秋間の里には、飽馬氏に関わる沢山の城址、砦址が存在します。

|

鷹巣砦

群馬県安中市板鼻にある板鼻城。その出丸の鷹巣砦です。

碓氷川沿いから眺める鷹巣砦。

5_3

私は、この崖の上に上りました。

その崖の上から、眼下の碓氷川を見下ろす。

7_6

鷹巣砦より、板鼻城(本城)を見下ろす。

7_7

石垣があった。のろし台の遺構と思われる。

7_9

石垣が崩れ落ちている。

7_10

鷹巣城内に残る「鷹巣神社」の門。この門は現在は倒壊しありません。

Photo_2

|

はじめまして

こんにちは。

今日からブログをはじめます、83歳の翁、kunikazuでございます。

安中市を中心とした、城跡を私自身が訪れた際に撮影した画像を公開いたします。

よろしくお願いいたします。

|